• 兵庫県伊丹市にある小児科クリニック - しまだこどもクリニック
  • どこまでも優しいクリニックでありたい
  • 院内での感染予防のため、待合室には空気清浄システムを導入しています。また、予防室を2つ、診察室を3つ、吸入や点滴を行う処置室と、部屋は多めにとっています。
  • 子供の体のこと、心のこと、子育てのこと、小さな事でも相談して下さい。
  • 受付には常に受付スタッフがおり、待合室の様子に目を配り、予防接種などの相談や予約などにも対応しています。
診療時間
 
 9:00~12:00 ○ ○ ○ ○ ○ ○ × ×
14:30~15:30 要予約 × 要予約 × 要予約 × × ×
15:30~18:00 ○ × ○ × ○ × × ×
  • 休診日:火曜午後・木曜午後・土曜午後・日曜・祝日
  • ☆は、乳児検診・予防接種など(要予約)。但し、月曜日のみ15:00より。
  • 予防接種は一般診療内でも受けられますが、事前予約制です。
【時間外の受診について】

時間外の受診は阪神北広域こども急病センター
ただし、具合の悪いお子さんはお家でゆっくり休ませてあげることも大切です。数回嘔吐しても眠れているとか、吐いた後はすっきりしていれば大丈夫ですし、40℃前後の高熱であっても少ないながらも水分が摂れていたり眠れていれば無理に下げなくても大丈夫です。 緊急性がある場合は尼崎医療センターを受診してください。

電話でのお問い合わせは
阪神北広域こども急病センター電話相談
072-770-9981(救急ハイ!)#8000(市外局番が06または072、ダイヤル回線、IP電話の方は電話:078-304-8899(ははきゅうきゅう))におかけください。
対応時間などは阪神北広域こども急病センターホームページをご覧ください。
[→阪神北広域こども急病センターホームページはこちら]

お知らせ
12月29日土曜日から1月4日金曜日まて休診とさせていただきます。
4/1から午後の診察時間表示が18:00までとなりました。
診察受付時間は窓口月〜土9:00〜12:00、月水金の15:30〜18:00、Web受付は従来どおりの火木土の7:00〜11:45、月水金の7:00〜17:30となっております。
11:45〜12:00、17:30〜18:00は直接窓口に来られてから受付してください。
インフルエンザワクチンをご希望の方は窓口にお問い合わせ下さい。
★当日の順番を予約されましたら、必ず4番前までには院内に来てお待ちください。診察の順番が進まず、後の順番の方にご迷惑がかかります。場合により順番を取り直していただきます。

★インフルエンザワクチンについて

インフルエンザワクチン接種の期間は土曜日午前の診察前の時間帯と、毎週ではありませんが、土曜日午後、数回は平日休診の火曜日・木曜日の午後にインフルエンザワクチン専用の時間帯を設けます。
平日の夕方の時間外にも若干インフルエンザワクチン専用時間を設けますが、一般診察が混み合いますと待ち時間がかなり長くなります。
土曜日朝、午後などのインフルエンザワクチン専用時間帯の方が待ち時間が少なくてすみますので、是非ご予約はインフルエンザワクチン専用枠にお願いいたします。
年内早くからの流行に備えるためには、10月下旬から遅くとも11月半ばまでには1回、理想的には4週後に2回目をできるだけ12月上旬には接種する事が望まれます。日程はまだ全ては確定しておりません。

★2018年度インフルエンザワクチン実施要項

  • ネット予約受付:2018.9.30〜12.10頃(以降は電話で相談)
  • 接種期間:2018.10.17〜12月下旬頃
  • 接種対象:生後6ヶ月〜成人(大人の方も受けていただけます)
  • 接種回数:13歳未満2回(2週間以上あける) / 13歳以上は1回で可
  • 接種料金:1回目3,500円 / 2回目3,000円

★インフルエンザワクチン予約受付

インフルエンザワクチンの専用時間帯の予約は原則ネット受付で、電話での受付は行いません。
診療時間内、予防接種時間帯での予約は窓口でのみ受け付けます。 インフルエンザワクチン専用時間帯での接種は単独接種のみ受け付けます。同時接種は通常の予防接種の予約枠であれば窓口またはお電話で受付させていただきます。
インターネット予約についてはこちら

<注意>
まだ接種していないワクチンの予約が入っていると、新たにインフルエンザワクチンの予約をウェブからとる事ができません。この場合は受付にて予約をお取りください。

★インフルエンザ予防接種 予診票

予診票受診される方は下記「インフルエンザ予防接種 予診票」をご記入いただきますようお願いします。
クリックするとPDFファイルが開きますので、印刷してご利用ください。 インフルエンザ予防接種 予診票[PDF] ※PDFファイルをご覧になるには「Adobe Reader」(無償)が必要です。こちらからインストールの後ご覧ください。

★B型肝炎ワクチン定期接種について

平成28年10月からB型肝炎ワクチンが定期接種となります。
ウェブからも予約できるようになりました。B型肝炎公費として予約して下さい。

〈B型肝炎とは〉
血液や体液を介して感染し、肝臓の病気を引き起こします。大きくなってからは性感染症のひとつとして、また血液などを扱う職業で感染するリスクがあります。
赤ちゃんのときにB型肝炎ウィルスに感染すると、その90%以上はウィルスを体内で持ち続けるキャリアと言われる状態となり、将来的には肝硬変、肝癌となる可能性があります。
血液を介する特殊な経路での感染だけでなく、唾液、涙、汗などを介する感染経路もあり、身近な大人から子どもへの感染、保育所などでの子どもへの感染が報告されています。
最近のデータでは、日本の子どもは気づかない間に100人に1人が感染しており、感染経路がわからない場合も多いため、特に早期のワクチン接種が重要と考えます。

今から20年以上も前の1992年にはWHO(世界保健機構、国連の専門機関)はすべての赤ちゃんにB型肝炎ワクチンを接種することを勧告し、現在では世界のほとんどの国で定期接種が行われています。

〈定期接種対象者〉
平成28年4月以降に生まれた0歳児。

〈標準的な接種時期〉
生後2か月で1回目接種。1回目接種の4週間後に2回目接種。1回目接種の20週間後以降に3回目接種。
生後2か月を過ぎたら早めに接種を開始するのが効果的。2回目の接種が大幅に遅れた場合は、2回目接種のあと8週間くらいあけて3回目をできる限り初回から1年以内に接種するのが効果的です。

* 平成28年3月以前に出生したお子さんは定期接種の対象となりませんので有料となりますが、ワクチン接種を行うことはおすすめします。

* 平成28年4月生まれのお子さんは、10月にBCG接種を先にしてしまったり、一回目の接種が翌月になったりすると、3回目20週後が1歳を超えてしまい、有料となりますので、早めに一回目を受けましょう。