• 兵庫県伊丹市にある小児科クリニック - しまだこどもクリニック
  • どこまでも優しいクリニックでありたい
  • 院内での感染予防のため、待合室には空気清浄システムを導入しています。また、予防室を2つ、診察室を3つ、吸入や点滴を行う処置室と、部屋は多めにとっています。
  • 子供の体のこと、心のこと、子育てのこと、小さな事でも相談して下さい。
  • 受付には常に受付スタッフがおり、待合室の様子に目を配り、予防接種などの相談や予約などにも対応しています。
診療時間
 
 9:00~12:00 ○ ○ ○ ○ ○ ○ × ×
14:30~15:30 要予約 × 要予約 × 要予約 × × ×
15:30~18:00 ○ × ○ × ○ × × ×
  • 休診日:火曜午後・木曜午後・土曜午後・日曜・祝日
  • ☆は、乳児検診・予防接種など(要予約)。但し、月曜日のみ15:00より。
  • 予防接種は一般診療内でも受けられますが、事前予約制です。
【時間外の受診について】

時間外の受診は阪神北広域こども急病センター
ただし、具合の悪いお子さんはお家でゆっくり休ませてあげることも大切です。数回嘔吐しても眠れているとか、吐いた後はすっきりしていれば大丈夫ですし、40℃前後の高熱であっても少ないながらも水分が摂れていたり眠れていれば無理に下げなくても大丈夫です。 緊急性がある場合は尼崎医療センターを受診してください。

電話でのお問い合わせは
阪神北広域こども急病センター電話相談
072-770-9981(救急ハイ!)#8000(市外局番が06または072、ダイヤル回線、IP電話の方は電話:078-304-8899(ははきゅうきゅう))におかけください。
対応時間などは阪神北広域こども急病センターホームページをご覧ください。
[→阪神北広域こども急病センターホームページはこちら]

お知らせ
★午前の診察のWeb受付時間を一時的に11時30分まで、午後の一般診察開始を16時からとさせていただいております。

1)子宮頸がんワクチンについて

国による積極的勧奨が再開されました。
小学校6年生から高校1年生の3月末まで、子宮頸がんワクチンを公費で接種することができます。
3回接種が必要なのでできるだけ早めに受けましょう。

世界ではワクチンによる子宮頸がん排除に向かって進んでいますが、日本はこの8年間余りの接種控えにより先進国で最も子宮頸がんが増加している国となっています。年間10000人が新たに子宮頸癌と診断、なんと3000人くらいが子宮頸癌で命を落としています。

子宮頸がんワクチン接種は子宮頸がん発生率を大幅に低下させるというデータが出ています。

★参考 みんなで知ろうHPVプロジェクト
※HPV=ヒューマンパピローマウィルス
※HPV=子宮頸がんの原因ウィルス
https://minpapi.jp/

積極的な勧奨の差し控えにより接種機会を逃した方に対しても公平な接種機会を確保する観点から、従来の定期接種の対象年齢を超えても公費で接種できるようになりました。(キャッチアップ接種)

  • キャッチアップ接種対象者:
    平成9年度生まれ~平成17年度生まれの女性(誕生日が1997年4月2日~2006年4月1日の女性)
  • 接種期間:令和4年4月1日~令和7年3月31日
    (十分な期間は設けられていますが、希望される方はなるべく早く接種しましょう。
    若い年齢で接種するほどがん発生を抑制する効果が高いことが証明されています。)

2)日本脳炎ワクチンについて

現在日本脳炎ワクチンが不足しており、一度も接種されていないお子さんが優先となっております。
追加接種、II期のお子さんはお待ちいただいておりますが、それぞれ7歳半、13歳までとなっておりますので、年齢の期限が近い方はお電話にてご予約してください。

3)オンライン診療について

当院の診察券をお持ちの方はご利用できます。
身体所見の診察ができないので診療内容に限界があり、続く発熱や繰り返す嘔吐、激しい咳など病状が不安定な場合は直接来院をお願いしております。
育児相談初診でも、出産前のお子さんの保護者の方でも受診していただけます。
以下に簡単な説明を載せますが、まずは窓口ないしはお電話(072-775-0337)でお問い合わせ下さい。
新型コロナウイルスの感染拡大の防止のため、当日でも対応が可能な場合があります。

  • ご利用にはスマホやパソコンへのアプリのダウンロードが必要です。
    【→診察予約からオンライン診察をうけるまで、一連の手順はこちら】
  • 保険診療自己負担とは別に、通信料等として350円〜550円がかかります。(診療の内容により異なります。)
    同意書の記入が必要です。
  • ご用意頂くものは
    ①保険証
    ②乳児医療証など公的受給者証
    ③クレジットカード
    ④お薬受け取りの薬局の名称、住所、電話番号、FAX番号
    (最寄りの薬局でお薬を受け取れ、処方箋は取りに来ていただく必要はありません)です。

4)電話診療について

慢性疾患(喘息、アレルギー、アトピー性皮膚炎、湿疹、夜尿症、便秘など)の定期処方薬
②14日以内に受診した症状に対する続きのお薬

のみとさせていただきますが、新型コロナウイルス感染症の関連で、対応可能な場合があります。

※1ヶ月以上受診されていない場合は、電話診療では相談助言はできますが原則処方はできません。
※慢性疾患の方も3ヶ月に一度は来院の上処方を受けてください。

電話診療の場合は以下の手順で予約して下さい。

  • まず通常診察と同様にWeb受付で順番を取り、症状入力の際に「電話診療希望」と、「診療に使用する電話番号」を入力してください。
  • 受付から確認の電話をしますのでお手元に保険証と乳児医療証をご用意してお待ちください。
  • 順番になりましたら医師から電話させていただきます。
    電話での診療の結果処方が必要な場合、処方箋はご自身で薬局にお持ち下さい。

5)ロタウイルスワクチンの種類について

2つのワクチンがあり、重症化の予防率は同等です。
①ロタリックスはヒトロタウイルスを毒性を弱めて作られたもので、ヒト由来なので腸でよく増えて1回での免疫がつきやすく、2回接種となります。
他のウイルスタイプにも交差反応というもので効果を示します。

②ロタテックはヒト、ウシロタウイルスを遺伝子組み換えをして5種類の株から作られたワクチンで、より多いタイプに対応しますが、腸でのウイルスの増えは緩やかで3回接種が必要です。